事業ビジョン

第1事業部

創業50年の歴史を持つ当社では当初、開発中心のシステムハウス的な事業を行ってきました。そこから徐々に自分たちが主体となったシステムの営業提案から 運用保守まで一貫してやっていこうという流れを作ってきました。現在、第1事業部はコアパートナー事業、SI事業、アウトソーシング事業の3事業を柱に取 り組んでいます。


コアパートナー事業

大手SIベンダー様やコンサルティングファーム様から技術支援や業務協力といった分野で、長年にわたり評価を得ています。特に毎年の顧客満足度調査では「お客様のお客様」を意識した弊社の姿勢や協力度が常に上位に選ばれています。これからもお客様と一緒に新しい技術やサービスなど様々な分野にチャレンジしていきます。

SI事業

介護や文教、商社、金融といった分野でSI事業を営んでいます。特に力を入れているのが介護事業者様向けのSI事業です。大手SIベンダー様から技術支援を受け、次期システムの提案から保守まで全ての工程を弊社が窓口となったワンストップサービスを実現しています。複雑な介護業務をコンサルティング出来る「一歩先をいくSE」を目指しています。

アウトソーシング事業

システムの保守サポートだけでなく、大規模なOAヘルプデスクやコールセンター業務なども手掛けています。日々の運用のなかで、お客様の業務改善や真の課題解決へと導きます。

第1事業部 事業部長 平山英行


第2事業部

第2事業部では事業と人材育成をリンクさせ、ちょうど人が歩く右足と左足のように一歩ずつ交互に発展させていきたいと考えています。同時にお客様の情報シ ステムを私たちの「発展したSI」と「コンサルティングSE」で前進させ、これも右足と左足のようにお客様と共に成長させていただきたいです。


SI事業の発展・推進

エンドユーザーに対し、独自のシステムや運用の提案をし、ともにシステムや事業モデルを作っていくことからさらに一歩踏み込み、お客様にとって本当に有用なシステム構築や運用支援は何かという視点を大切にしています。構築するシステムを運用する現場を任せられているリーダーの視点では必要な機能も、全体を統括するマネージャーや部門長の視点では不要だったりすることがあります。(逆のケースももちろんあります)私たちの考える発展したSI事業とは、お客様内の情報共有や意思疎通まで含め、最適な仕組みづくりをトータルで支援するものです。

コンサルティングSEの育成

この数年で大手エンドユーザー様を中心に顧客数も売上も増え続けるなか、コンサルティング領域の仕事も目に見えて増えてきています。そういった仕事をこなすことができるコンサルタントが必要になってくることは明白であり、前述した「発展したSI」を推進する「IT技術者+コンサルタント」となる人材、すなわち「コンサルティングSE」の育成を進めます。

第2事業部 事業部長 西川雅也